読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

元お笑い芸人がWeb業界に入ってがんばるお噺

元お笑い芸人で今はWeb制作会社のプロデューサーです。仕事のこととかを書きますが、落語のことも書きます。

結婚に踏み切れない男性に捧ぐ~ぼくが結婚を決意した最高にかっこいい理由~

f:id:miyashitank:20151015161333j:plain

「なんで結婚しようと思ったの?」

既婚者の方はわかると思うんですがこれしょっちゅう聞かれます。
特に男性に聞かれることが多いです。相対的に女性は初期装備で結婚願望を備えており、男性の初期装備なんておちんちんぐらいですよね?実は最強の装備ではあるけど。鬼神降臨伝ONIってゲームで初期装備の木刀をとっておくと、じつは風林火山って最強の武器に変わるみたいなとこあるけど!

男性は(もちろん全員がそうではないけど)結婚というものに対してポジティブでなかったり、それどころか「結婚なんて人生の墓場だろ!」という結婚に対して最高のdisかます人もいるくらいです。

といっても世の中の交際相手のいる男性のほとんどは上記のような極端な人間ではなく、
「結婚はなんとなくしたい、もしくはするべきだとは思うのだけどなんとなくポジティブになれないし踏み切れない。だけど彼女からプレッシャーはかけられているので、とりあえず適当なこと言って後回しにしておこう。。今ちょっと仕事も忙しいし落ち着いてからとかなんとか言っておいて。。」
っていう程度だと思うんです。
そんな男性と付き合っている女性の方は今すぐ、世の中の全てのコンドームに穴を開ける禁呪を得とくするか、このブログを彼氏に見せてみましょう。

男性がなぜ結婚に踏み切れないのか

あまり結婚に対してポジティブになれないのは以下のようなデメリットを考えてしまうかららしいです。

△結婚すると自由に使えるお金が激減してしまう
△異性との交際が不自由になる
△プライバシーが大幅に制限される
△共同生活にともなう我慢、妥協、不自由を余儀なくされる
△自由になる時間が減る
△自由になる空間が減る
△結婚すると子供や家などで億単位の莫大な金がかかる
△子供の養育費の高騰(一人育てるのに3000万円とも言われている)
△家庭を持つと、転職や独立などの「挑戦」がしにくく保守的な生き方になる
△親戚づきあいなどが増え、わずらわしい
(恋タメ調べ 各種ランキングサイト、意識調査より抜粋)

参照サイト: 01. 男が考える結婚 そのメリット・デメリット part1 | 男の恋愛応援サイト【恋タメ】

男性が結婚をしない理由はたいてい【なんとなく】だ!

上記の理由はたしかにってこともあれば、それは結婚相手との決めの問題じゃね?ってこともありますが、すべて間違いではないと思います。めんどくさいこともたくさんありますよそりゃあ。
でも待ってください。本当に世の中の結婚に踏み切れない男性は上記のようなデメリットが最大の理由なのでしょうか。

ぼく自身は結婚2年目ですが、もともと全く結婚願望はありませんでした。
両親がめちゃくちゃ不仲(お母さんがお父さんを見る目が生ごみを見る時と同じ目等)ということもあり、結婚=幸せなんて全く思えませんでした。
ただ別に結婚は墓場だとも思ってませんでした。ただただ価値が見出せなかったのです。 結婚をしない理由があったからではなくて、する理由がよくわからなかったんです。

上記したようなデメリットが結婚しない理由ではないんです。 だって周りはみんな結婚しているし、いつか自分は結婚するんだろうなーくらいはみんな思っているんですよ。 なんで自分がまだ結婚しないかなんてそこまで深く考えていなくて、「結婚しない理由はなんですか?」って聞かれた時に思いつくごく一般的なデメリットを挙げているだけだと思うのです。なんか理由を言わないと攻められるからあえて出しているだけなんですよ。 つまり彼女がいてプレッシャーもかけられていて経済的にも平均的に稼いでいる人が結婚しない理由は「なんとなく踏ん切りがつかないから」なんですよ。

そんなぼくが結婚した理由

ぼくはちょうどお笑いを始めた19才から9年付き合った末に結婚しました。
うちの嫁はご多聞にもれず、結婚願望が強い女子で付き合った当初から結婚願望があると宣言していました。
ぼくは上記した通りかなり結婚に価値が見いだせなかったのでそのすれ違いでけんかもしたものです。
まあ、「芸人として売れてない今は結婚なんて。。」と思ってましたし。

実際に結婚したのは就職してからですが、結婚を決めたのはまだバリバリお笑い芸人の時でした。 いつどういうタイミングだったかは覚えていないのですが、何かイベントがあったわけでなく、本当にふと思ったのです。

「喜ぶ人がたくさんいる」 やんって。

だって考えて見てください。彼女はもちろん、自分の親、彼女の親、親戚、友達、みんな喜ぶんですよ。
(売れてないお笑い芸人というところで、彼女の親は喜ぶのか!?という一般論は言わないでください。あくまでぼくの場合です) 婚姻届なんていう無料の契約書交わすだけでこんなにも喜ぶ人がたくさんいるんですよ。
まあもちろんぼくを独占したい女性は悲しむかもですけどね?
安心してください!抱きますよ!!

冗談はさておき、じゃあ結婚って意味があるなってふと思ったんです。特に嫌でないんならそれだけでも結婚する価値あるなって、本当にふと思ったんです。 もちろんそう思う前に彼女自身の良さがあってですよ。それは大前提としてです。

まとめ

結婚に対してネガティブな印象しかない人はこうは考えられないかもしれませんが、特に結婚しない理由はないけど、する理由もないなあって思ってる人とか、もう外堀埋められてんだけど、勇気が出ないって人にはこう考えてみると一歩踏み出せるかもしれません。 まあ踏み出したところは墓場かもしれませんがね!いいじゃん運動会でもすればさ!万国旗買ってくるョ!

あとなんで結婚したの?って聞かれてみんなが喜ぶ顔が見たいから、って最高にかっこよくないですか。嘘でもそういう気持ちで一歩踏み出せ!
ってぼくは思うのです。